IGKの歴史 
The History of the IGK
 IGK(イタリアン・グレー・カンガルー)とは、オーストラリアを原産とする、超小型のカンガルーの一種です。
 その起源は古く、オーストラリアの原住民族であるアボリジニの貴族階級で愛された、という壁画が残されています。
 IGKには「カンガルー」という名前がついていますが、実際にはワラビーを祖先とし、オーストラリア原産のオーストラリアン・シェパードとのアイのコである、という説が一般的です。現在の大きさになったのは、18世紀に西洋人の入植が始まってまもなくの頃のようです。
 イタリア人入植者が好んでペットとしたことから、この名前が一般化しました。

The IGK (Italian Grey Kangaroo) is native to Australia and is a member of the miniature kangaroo species.
It is believed to have originated in Australia long ago, as a much loved companion of the high-ranking officials among the indigenous aborigines.
The IGK is called a “kangaroo”, but in fact, the general belief is that it was born out of the love between a wallaby and an Australian Sheppard dog. It seems that they reached their current size around the 18th century when the Western settlers arrived in Australia.
The Italian settlers fell in love with the animal and kept them as pets, and so the name has stuck.

モドル  ツギ

TOP

Copyright (C) 2003 Ryo & Chris mail